ドライラミネート

異なる2種類の基材(巻き物に限る)を接着剤を使用して貼り合わせます。
片方の基材に接着剤を塗布し、乾燥ゾーンで溶剤を飛ばした後に、もう一方のフィルムに圧着して貼り合わせる方法です。
貼り合せた製品は、40度に保たれたエージング室に移され、48時間かけて残留溶剤を抜くと共に接着強度を上げて完成します。
耐熱性や接着強度に優れ、ボイルやレトルト用途に適しています。

特徴

※弊社では、厚いシートと薄いフィルムとの張り合わせが可能です。
※弊社で製膜したフィルムに弊社で印刷後、支給基材と貼り合せることも可能です。
※各機材の納期調整、手配の煩わしさを排除できます。弊社への注文書1枚で、全ての基材を弊社で手配することも可能です。
※残留溶剤の測定も自社で可能です。
※ドライラミネートの他にも様々な2次加工が出来ますので、こんなこと出来ないかな? というご要望にお応えします。

次工程で真空成型をお考えの方へ

※弊社では、無延伸のPSフィルム(=CPS)無延伸のPETフィルム(=CPET)を製膜しています。
無延伸のフィルムは延伸されていないので成形性が良く、複雑な形状の成形品に向いています。

構成例

OPS裏印刷フィルム/DL/CPSフィルム
O-PETフィルム裏印刷フィルム0.015mm/DL/CPSフィルム0.03mm
O-PETフィルム裏印刷フィルム/DL/CPSフィルム
OPPフィルム/DL/CPPフィルム
CPS裏印刷フィルム0.02mm/DL/PSシート0.35mm
PET/DL/NY/DL/LLDPE(2回加工の例)

設備仕様

ドライラミネート 2号機 3号機
特徴 シート・フィルムどちらでも可 フィルム同士のみ
原反幅(mm) MAX 1100(圧胴 1070) 1100(圧胴 1090)
MIN 520(圧胴 510) 500(圧胴 490)
原反径MAX 塗布側 600mmまで
貼合せ側 600mmまで
製品径MAX 800mmまで(※規格内でしたら重量の心配は不要です。)
自動継径MIN 塗布側 最小直径200mmから
貼合せ側 最小直径200mmから
紙管 原反 3インチのみ
製品 3インチのみ
種類 紙管のみ(継ぎ紙管不可) 塩ビ芯可
繰り出し シャフト シャフトレス エアーシャフト式
巻取り シャフト シャフトレス エアーシャフト式
加工基材 塗布側 フィルム(PET188μm実績有) フィルム(50μmまで)
貼合せ側 PET 〜500μm フィルム(50μmまで)
PS 〜650μm
PP 〜800μm
塗布量 9〜14g/㎡・wet 5〜9g/㎡・wet
検査機 能力 0.1mm×0.15mm以上の欠点検知可能
欠点ラベル 貼付可能
エージング室 温度 40℃
巻き径や、重量の計算
http://www.ns-slitter.co.jp/technology/calc

その他、お気軽にご相談ください。

03-3238-0111

メールでのお問い合わせはこちら

PAGETOP