グラビア印刷

製版されたシリンダー(版胴)がインキパンに浸漬しながら回転し、汲み上げられたインキをドクターブレードで掻き落とします。
インキはパターンの凹みに残り、ゴムの圧胴の加圧により被印刷体に転移、絵柄が複製されます。
大ロットの印刷に向いています。
フィルムの裏側から印刷すると、表側の仕上がりが綺麗なのは勿論のこと、表側にインクは存在しません。

特徴

※フィルムの製膜とグラビア印刷、ドライラミネートまで工程が弊社内で完結できます。
※各機材の納期調整、手配の煩わしさを排除できます。弊社への注文書1枚で、全ての基材を弊社で手配することも可能です。
※帯電防止コート可能です。
※残留溶剤の測定も自社で可能です。
※印刷の他にも様々な2次加工が出来ますので、こんなこと出来ないかな?というご要望にお応えします。

設備仕様

色数 片面4色(ストレート)
印刷速度 20〜200m/min
塗布量 WET:4g/㎡ DRY:1g/㎡
被印刷物 種類 PS・CPP・OPP・PET 他 PE・ONY
400mm〜1050mm
Max:φ600mm
紙管寸法 3インチ
シリンダー(版胴) 750〜1150mm
φ120〜300mm
円周 377〜942mm
トバ口 φ100mm
テーパ度 10度
キー溝 10mm
脱着方式 シャフトレスエアチャッキング
見当 サンドレイ方式
圧胴 印圧 Max:3000N
φ135mm(鉄芯径:φ110mm)
ゴム厚 12.5mm
硬度 65〜70度
材質 EPT(エチレンプロピレンゴム)
ドクター 構造 上下、前後首振り装置付
揺動 版胴10回転で約1ストローク
揺動量 0〜20mm(調整可能)
乾燥機 構造 熱風吹付アーチ型ガイドロール方式
乾燥温度 Max:80℃(給気20℃)リターン可
風量 60m^3/min
風圧 2.5Kpa
EPC装置 修正量 ±10mm(ロールガイダー方式)
巻取り 紙管寸法 3インチ
巻取り径 Max:φ600mm
方式 2軸ターレット(シャフトレス)
張力 30〜200N(全幅)
紙継ぎ方式 フライングカッター方式
印刷フィルム厚(μm) PS 20〜60
PE 20〜60
CPP 20〜50
ONY 15〜50
OPP 20〜50
PET 9〜40
巻き径や、重量の計算
http://www.ns-slitter.co.jp/technology/calc

その他、お気軽にご相談ください。

03-3238-0111

メールでのお問い合わせはこちら

PAGETOP